ブレインブースト 4th もう勉強でも使えるね

6月30日(金)富雄中学校、富雄南中学校の期末テストが終了しました。

お疲れさんでした!

良くても悪くても終わったことは振り返らない。前向いて進もう!

で開星塾では試験最終日にモニタリングという点数予想を行うために生徒のみなさんは塾に来てくれます。そのついでと言うわけではありませんが中学1・2年生を中心に(ブレインブースト)のトレーニングを1時間程度行いました。

今日はその報告をさせていただきます。

まず・・・

(ブレインブースト)は「読書」を使った次世代の能力開発です。

先月ブレインブースト)理事長に就任された長井先生たちとを始めて5年。今では多くの塾で採用され、いくつかの学校では導入の検討も始まり、首長が率先して取り組む自治体も出始めました。

(ブレインブースト)は能力開発を行う手段として「読書」を使います。

したがってを始めると、まず「読書」スピードがべらぼうに速くなります。それこそ一冊を数秒で読んでしまうようになります。私はそれを「秒読」と呼んでいます・・

読書以外の成果も数多く全国から発信されるようになってきました。

運動能力の向上、記憶力の向上、学力アップ、行動力の促進、社交的性格への変化など実にさまざまな報告です。

残念ながらそれらの成果ととの因果関係は未だ不明です。

因果関係については今後の研究に期待したいと思いますが、少なくとも相関関係の存在は確実だと思います。でないとつじつまが合わないことが多すぎるからです。

では30日のトレーニングの成果ですが・・・

2017年6月12日に撮影したものです。もともと分速418字で6月10日に初めてトレーニングを行い分速4320字になりました。

上の読書の状態は初めてトレーニングをしたそのままの状態に近いです。

1行2点という読み方です。

この後2回目のトレーニングを30分程度行いました。分速38000字まで伸びましたが残念ながらその日のトレーニング後の映像を撮り忘れてしまいました。

その後テスト勉強などでトレーニングはできませんでしたが、読書は毎日続けていたようです。

そして昨日(30日)です。「トレーニング前に読書状態を確認しておこう」ということで撮影したものが下の映像です。

6月12日の2回目のトレーニング後の状態とほぼ同じです。毎日読書を続けていた成果だと思います。

1ページ4点という読み方です。分速38000字です。

トレーニング前の読み方を確認しておいて、さぁ1時間のトレーニングです。

こんな感じになりました。

知らない人が見たら「ただページくってるだけやん」の映像です。すでに指は使っていません。

にわかには信じ難いとは思いますが、確実に読めています。ただ本人は普通に読んでいるだけで速く読めている感覚は何もないと言いますが・・・

上の映像は分速125000字のスピードです。ピンとこないかもしれませんが400字の原稿用なら1分間で317枚読める速さです。

初めての読み方(パラパラ読みと呼んでいます)なので上手にページをめくることができていませんが、慣れてくればもっと速く読めるようになります。

今日お伝えしたのは30日にトレーニングを行った人(8人)の中で一番速くなった人の報告です。他の人が2回目のトレーニングだったのに対し、この人は3回目でした。

他の7人の方も様子を見て3回目のトレーニングを行えばこうなる可能性はおおいにあると思います。

今後もトレーニングの成果を報告していきたいと思います。

それでは今日はこのへんで。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。