より効果的なテス対へ

テス対が変わる!

10月9日(祝・月)からいよいよ中間テスト対策(テス対)が始まります。生徒の皆さんには以前からお伝えしているのでわかってくれているとは思いますが、今回のテス対から変更される点が大きく2つあります。

まず補習・自習の時間が少なくなってテス対学習の時間が増えます。補習・自習は自主的な学習ですが対策学習はマスト(来なければならない)の学習です。

とは言っても9月後半からの土、日を使って補習・自習にかなりの時間を当ててきましたので、時間的な不自由を感じることはなかったかもしれません。

※時間外の補習・自習

今までは対策期間(テスト10日前)内でもそれなりの補習・自習時間を用意していたのですが、今回からは対策期間はすべて対策学習時間に当てることになります。

1週間前までは部活もあり、テス対は限られた時間の中でいかに効率よく効果を上げるかが勝負の分かれ目ですから、期間中は自主性よりマストの問題演習を優先させることにしました。

ちょっとした本音を言うと補習・自習では「来る人」「来ない人」がはっきり分かれてしまって「来てほしい人」「来なければならない人」(←こっちが勝手にそう思っているだけ?)に限って来ない。

かと言って無理やり来させては自習ではなくなるし・・・「どうしようかな?」という思いも正直なところあったかも。

次に対策学習の内容ですが今までのワーク中心からK問中心へと変わります。

今までもK問は使わせてもらっていましたが、どちらかと言うと「今テストならどれくらい取れる?」的な使い方でした。ある程度テス対を進めた人が腕試し的に使うやり方です。

かつてK問を分析し「出そうな問題」だけを徹底的に演習していた時期があって、そんな時、生徒たちから「先生何が出るか当ててよ」と言われるようになってしまってK問演習をやめてしまった経験がありました。

その反省をふまえて今回再びです。

今回から数学・理科・社会の3科目についてはK問を集め、徹底的にK問を使ったパターン演習を行います。

これがかつてのK問と違うところは科目の単元(テーマ)ごとに冊子を複数作成しているところです。そして反復演習をくり返し、完璧になったら次の冊子に進んでいくという一冊完ぺき主義は日ごろの学習と同じです。

ときどき「イラスト」「励ましキャッチ」「なぞなぞ」なども入れながらの『愛情つき冊子』になっていますので、「ホッ!」としながらやり続けることができるようになっています。

すでに準備ができた科目からテス対に入っている人もいますが、10月9日からは準備ができていなくても全員テス対に入ります。

準備とは科目、教材ごとにあらかじめテス対(10/9)までに指示された範囲の学習を終了しておくことを意味します。

そこで生徒の皆さんは指示された内容を期日までに終了させようと必死にがんばるわけですね。

ということで今日が最終期日になっていますので今も頑張っている人がいます。

時間をかけて土をこね、そして型を作る。でもいくら上手に型ができてもそれはまだまだ使えない。

窯に入れ高温に耐えて初めて価値あるものになるように、勉強もまったく同じ。日ごろの勉強ももちろん大切だがテスト勉強に耐えて初めて高得点につながる。

朝晩は寒いくらいになってきましたが風邪などひかないようにして明日からのテス対に備えてください。

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてありがとうございました。