高校案内と就学支援

ちょうど夏休み前のこの時期は各学校とも

今年度の新しいパンフレットが出来上がる時期で

開星にも多くの学校からパンフレットが届き始めています。

この2週間をみても

城星高校、京都橘高校、清風高校、

橿原学院、四天王寺高校など

また西大和高校、興国高校は

わざわざお持ちくださいました。

昨日(7/18)は奈良育英高校の説明会に

参加させていただきました。

育英高校は奈良北部の受験生にとっては

とてもありがたい高校です。

現在、選抜、国際、高大連携、総合の

4コースがありますが、

合格目安の偏差値が49~61と間口の広い学校です。

また併願で受験しても不合格になるケースが

少ないこと。

昨年の併願受験者は2387名

うち合格者(含まわし合格)は2362名

不合格者はわずか25名(1%)となっています。

以上の点から県内の受験生にとっては

保険として受験するケースも多く見られるようです。

ただ昨日の説明会では

今年度からの新たな取り組みとして

2015国連サミットで採択された

SDGs(持続可能な開発目標)に沿った

ESD(持続可能な開発のための教育)

について冒頭からお話がありましたが

※SDGsとは2015年に国連加盟193カ国によって

全会一致で採択された持続可能な開発目標のこと。

「誰一人取り残さない」をスローガンに、

2030年までに達成すべき17の目標を掲げている。

残念ながら今年度の学校パンフ、学校HPで

そのことについて確認することができませんでした。

今後の取り組みを見守っていく必要があると感じました。

もちろん育英高校のパンフレットも塾内に置いてありますので

自由に閲覧してください。

とある高校の先生から

「来年から授業料の支援制度が変わりますよ」

というお話をお聞きしてビックリ!

「知らない、聞いてないよ」と思って文科省のHPをチェック!

載ってました。

☞1418201_1_2

大阪や京都は国とは別に府から支援金が出ています。

この制度のおかげで大阪、京都では私立高校への

専願者がいっきに増えました。

一方、奈良の高校生には従来の国からの支援金

11万8800円(公立高校の授業料額)だけです。

大阪の私立の先生から

「入試説明会で授業料の話をするとき

奈良の人だけ別室で説明させていただきました。

あまりにも不公平感がありますからね。」

というお話を聞いたことがあります。

来年からは、その国の支援金額が世帯の年収によっては

大幅に引き上げられることになったのです。

県内の保護者の方にとっては他府県との不公平感が

少しでも解消されるのではないかと思います。

もちろん受験生にとっても家庭の経済的な負担を

考慮しないでいいなら今まで以上に志望高決定の幅が

もてるのではないかと思います。

また新しい支給額は在校生にも適用されますから

適用家庭にとってはとても有り難い制度だといえます。

一方、支援金額が従来の一律から収入によって

相当の差が生じることは判定のボーダー付近のご家庭にとっては

新たな不公平感を生む危険も含んでいますが・・・

昨日の奈良育英高校の説明会でいったん説明会は終わりです。

次はまた夏休み明けからはじまります。

奈良女子、清風、上宮、帝塚山、育英西・・と続きます。

今日はこの辺で・・・