よりみちさんぽ(4)

5月から始めた朝のウォーキングも3ヶ月目に入りました。

最近はインターバルウォーキングというのをやっています。

3分ゆっくり歩いて3分早足で歩く。

これを8~10セットくり返すと、なんと体内のミトコンドリアが増えるというのです。

ミトコンドリアって何ですか?

ひょっとして植物に関係する何かじゃないんですか?

それ多分ミドリムシとまちがってます。

実はミトコンドリアは全ての動物にとって、いわば生命維持装置みたいなもんで、人間をはじめすべての動物にとって極めて重要な存在なのだそうです。

人間は35~50兆の細胞からできていると言われていますが、このミトコンドリアはその全ての細胞の中にあります。

平均で1細胞中300~400個のミトコンドリアが存在し、その人の体重の10%を占めているそうです。

そして当たり前ですが、人間は絶え間なく呼吸をし、毎日食事をしています。

食べることや呼吸することで、私たちはあらゆるエネルギーを体内で作り出していますが、その体内工場がミトコンドリアなのです。

作り出されるエネルギーのお名前が、1回聞いただけでは絶対覚えられない、アミノシンミリン酸(ATP)と言います。

体内で作られるATPのなんと90%以上をミトコンドリアが作ってくれているらしいのです。

気安くミトコンドリアと呼ぶには失礼な気がしてきました。

そのおかげで私たちは身体を動かせているのです。

そのミトコンドリアさんが増えると聞いた(正確には「ためしてガッテン」で見たんですが)のでインターバルウォーキングを始めました。

基礎疾患を3つも4つも持っている自分としては何とかミトコンドリア様に頑張っていただき、生命を維持したいと願っているのです。

今朝、歩いていると道路にカブトムシを見つけました。少し小さいですが、ちゃんと2本の角を持つオスのカブトムシです。

私の住んでいる田舎でもカブトムシは珍しくなってしまいました。

つまみあげて歩道の木に置いてあげました。

今朝は小さなラッキーもありました。

歩き始めてすぐに小雨が降ってきましたが、西の空に大きな虹がかかりました。

朝5時半の虹、5分後には消えてなくなってしまったので、この虹を見た人はそういないと思います。

幸運でした。

今日一日、皆さまも幸運でありますように。